カメ道楽

にわかライダー始めました

たびにっき(チョコバナナクレープ編)

こんばんわ

今回はまた伊豆の方へ行ってきました。



◆R1バイパス&掛川&宇津ノ谷峠
肉「それじゃー・・・このチョコバナナクレープと・・・」
肉「・・・他におすすめあります?」
店員「うちは断然からげだねー」
肉「それじゃそれで!」

時刻は13時前。
タイトル回収しつつ現在地は・・・


豊橋市!

この日はお昼までお仕事。
そして冒頭のお店は世話になってるバイク屋さんの近くにある無名のお店。
とりまここでお昼までのつなぎを購入・・・割とおなか膨れた。
で、そのままバイク屋さんに行ってオイル交換を終えたバイクを回収して、その足でスタート!
 ・・・長い

そのままガソリン入れつつR1バイパスに乗ってとにかく東へ。
休憩は掛川と宇津ノ谷峠の道の駅。
掛川でメロンジュースとうずまきウインナー
宇津ノ谷峠は自販機でペットボトルのコーヒー
いやね、3か所あるうちの寄ったことないところだったんだけど、これといったものもなかったの(´・ω・)

この時点で結構時間が押してたのでそのあとの休憩はしばらくなし・・ケツいてー (´Д`)


◆R414~R17~r127
バイパス使って沼津に入ったのが大体17時ごろ。
一度曲がるところを行き過ぎて結構時間ロスッたorz
で、道路を乗り換え、伊豆半島の左肩(?)をしばらく走行。
r17は海沿いの景色のいい道路。
そこをしばらく行ったところで山に入るr127へ。
ここからが初日のメインイベントです。

◆西伊豆スカイライン
伊豆初日の狙いはこのSR!
去年初めて来たときも通ったんだけど、11月の寒い時期だったのでいまいち楽しみ切れていなかったのでリベンジ(?)ですだ。
好景観は言わずもがな、この時点で18時前・・・夕日がスゲーキレー!
山頂付近は背の高い植物が生えてないので、志賀草津道路並みの景色の良さ。


◆r59
スカイラインやらその近辺の山道を経由してr59。
ここはそこそこに険道な山道でめちゃくちゃグネグネしてるから地図上で見るよりも非常に距離がある。
でも途中にバイク客歓迎の喫茶店が目についたのでいつの日か寄ることがあるかも(=寄ってない)
通った当初は新しいルート構築のために選んだつもりだったんだけど、ここまでパーフェクトに初伊豆半島と同じルート。
というかぶっちゃけこの後宿の直前まで同じルートなんだな(ぇ

◆R136
で、ほぼほぼ日没と同時にR136と合流。
でも宿はまだ50㎞近く先。
道は一本道なので迷うことはなかったんだけど、海沿い+なかなかの絶壁を走っていたらしく(見えない)、アップダウンは多いし、道は細いし、街灯もほとんどなくてなかなかに泣ける路程となりましたorz
途中でガソリンだけ入れつつ、半べそかきながら、20時過ぎにどうにか宿に到着。

◆ペンション 南伊豆小館
今日の宿はR136沿いにあるペンション。
素泊まりで4990円。部屋にお風呂はないけど、共同風呂は下賀茂温泉と同じところから引いてるとか。
あと一人で泊まるには相当広い。でも一人だと飯付きのプランはできないんだって (´Д`)
飯は近場(バイクで5分少々)の居酒屋で豪遊(ノンアルしか飲めなかったけど)。

※たぶん複数人泊まることが前提の宿なんだろうけど、飯についてはちと惜しいことをした(2~3人前ならいけますよ?)
 まぁ当日の朝に慌てて探したからその辺は仕方なし。
 
◆R136~R135~伊豆スカイライン

2日目の出発は6時過ぎ。半日とはいえ5.5日仕事した後の半日だったので気付いたら寝てた感じ。
朝飯は前日のうちに買っておいたさんまの押し寿司と酢豚っぽいなんか。
出だしは宿の前の道から伊豆半島の外側を反時計回りに上っていく感じ。
ちなみに現在道が重複してないのは宿の前の数㎞だけ。
石廊崎に抜ける県道との交点と宿の前の道の駅までの区間。
・・・なんか最近道の重複が多くてアレだ。

まぁとにかくしばらくは海を右手に北上をして、唐突に表れたスカイラインの看板・・・のすぐ後ろにあったGSで給油。
あとは看板にしたがって伊豆スカイラインを目指す。

で、県道をつたって山道を登り、割とすぐに見えてくるスカイライン。
どうも二輪規制が秒読み段階とかいう話なのでそうならないうちに走っておこうという算段です。
初回は冷川ICから乗ったんだけど、今回は最初のところ(なんてICか忘れた)から最後の熱海峠まで
ぶっちゃけ終盤の玄岳ICらへん以外はまぁただただ走りやすい道。
でもそのあたりからは富士山を左前方にスゲーいい景色。
この景色まだこの後のSRでも続きます

で、料金所で財布出したりグローブとったりしたので一度わきによっていろいろしまってたら

ライダー風の人「あのー、すいません」
肉「はい、なんでしょう?」
ラ「どうです?ケーサツとか張ってました?」
肉「ああ、見た感じ大丈夫そうでしたよ?」
ラ「そうですか、ありがとうございます!」

・・・さてさて、何がありがとうなのやら
なんでまぁケーサツの目が気になるんですかねぇ?
アレだよ?捕まるようなことやらかすならまぁそのバイクから降りようか^^;

確かにケーサツは見かけなかったけど、全員まとめてとっ捕まればいいなと思う肉でした。

※ライダー同士の仲間意識
 車正義の今の世の中。ライダー同士は謎の仲間意識があるとかないとか
 ・・・ぶっちゃけ交通ルールも守れない連中と同じにされるのは心外極まる。
 ポケモンでいえば切断厨・改造厨と同義にされるレベル。
 競走したいならそういう場所行くか、土地を自分で買って勝手に舗装してやってくれよマジで(良い道通れなくなるから)


◆芦ノ湖スカイライン&箱根スカイライン
さてさて、なんかもやもやすることが起きつつも、絶景で吹っ飛ばして進みますよ。
伊豆SRを過ぎてr20を経由しつつまたまたSR。
どちらも景色はスゲーの一言(←もうね、わかんないならとにかく行ってみましょ!)
で、前回スルーした十国峠のレストハウスで休憩。
まだ開店直後だったみたいで、とりあえずどら焼きを購入してmgmg。
それとここはばくおん!!のOPに出てるとのことで一応せーちじゅんれー。

◆富士五湖
スカイラインを満喫したあとは御殿場の町中へ降りて、そのまま富士山の北側へ回り込む。
R138を北西に移動しつつ。途中の道の駅すばしりで休憩。
すかさずソフトクリームを購入。はちみつがけのあまぁいやつ(ソフトクリームよりもコーンとはちみつがマッチしてた気がしてならない)。
ここで再スタートをかけたところで思わぬ事態に・・・

前方に8人前後からなる集団が走っておられる


しかもスピードはばっちり法定速度を下回らない程度にキープ。素晴らしくマナーの良い集団。後ろから見ていて気持ちいレベル。
そして初心者の俺でもわかるレベルでしんがりの人のバイクの扱いがスゲー上手い。参考になる!
そして後ろから全く関係のないライダーが追い付いてくる事態。

悪い状況じゃないけどやりづれぇ・・・

基本ボッチ気ままで1年過ごしてきちゃったからどうもこの状況は居心地がよろしくない。
だからと言って追い越しもかけられない(追い禁・バイクスペック的問題・壊したくない空気感等々)
そんな状況で次の道の駅までその人たちとエアマスツー。
たぶん俺マスツーするならリア友くらい気心知れた仲じゃないと落ち着かなさげ。

※しんがりの人
スゲー上手い以上に惚れたことが一つありまして。
とある交差点を曲がったときに2~3歳の女の子が母親に抱っこされてこちら(ライダー集団)を見てたんですよ。
そしたらそのしんがりの人ってば女の子に手を振ってたんですよ。
普段ヤエーしまくりの俺からしたらこの一手だけで完全に敵わないレベルと察しましたですはい。
特にこの日はヤエー成功率がすこぶる低くて(10%~15%くらい?関東人はヤエー嫌い?)なおのことの敗北感ですよ。

とりあえず富士吉田道の駅でプリン食べつつ休憩して富士五湖巡り。
とりあえず周辺走れればよかったのでテキトーに走行。
テキトーに走ったおかげで予定ではなかった道の駅かつやまによることができた!(ぇ
今回走った中ではこのかつやまのある河口湖~西湖らへんの県道がなかなか楽しかった。
色々ありつつ本栖湖の北側を走り抜けたら大体お昼。


◆R300&しもべ
本栖湖沿いをしばらく西へ走ったら見えてくるのが道の駅しもべ。
去年の冬にアユを食った道の駅で今日のお昼ご飯。
で、食ったのは駅内にある蕎麦屋さんでおこわとそばのセット・・・うーんヘルシー。
それじゃぼちぼち南下していきます。


◆しっぱい
飯食ってしばらく走ったらR52に合流。
ここを南下していけばR1バイパスに合流できるんですが、やっぱりそれじゃつまらない。
ただ、このあたりって東西に延びる道がほとんどないんですよね。
で、地図とにらめっこした結果R52を少し南下してr808から入る細い道に阿部峠なるものから静岡のr29に抜けられる(→結果として川根本町経由で頑張れば帰れるっぽい)
というわけでr810へ・・・


入ったとたん通行止め予告の看板!!

どうもがけ崩れで通れないっぽい。
仕方ないので断念


※でも後日調べたところ、未舗装の相当ひどい林道とのこと。
 元オフ車のバンちゃんなら何とかしてくれるかもだけど、流石にまだ怖いところ。


◆R52~R1バイパス。
というわけでこの旅もこの通りやすい2つの道をもって終了とさせていただきますかね。
1.5日の中途半端な旅。
思い返すとほとんどが一度は通った道。ヤエーもいまいち無反応で面白みに欠ける。夕焼けのスカイライン等々楽しい部分も多かったけど、なんというか50点の旅だったかねぇ・・・


と、ここで羽鳥ICで急に肉が降りたぞ!?


まだね、13時台なんですよ。
こちとら5月の終わりごろからいまいち満足に走れてないんです(結婚式・大会・雨天半休)
というわけで・・・このICからR362を通っていきましょうかね!

実はここも見事に最初の伊豆の旅で通った道。
ただ、この時は途中で県道に移って近道を図りすっころんでR362は途中からまだ通ったことがない。
というわけで完全走破とはいかないけど、ここから川根の町経由で帰ることにします。


◆R362
川根本町のあたりまではよく通る道。
今まで通った区間は快走路と酷道区間が入り交じり、豊橋市内では心霊スポット(旧本坂トンネル)まであるトンでも道路。
で、俺がまだ走ったことない区間も見事に酷道。
えへへ・・・楽しい♪

あたまのねじは紀伊半島で吹っ飛んだ。道が狭い程度の酷道なのでバイク的にはあまり苦になりません。
で、千頭のあたりに到着。
すると寸又峡につながるr77に何やら看板・・・トーマス・・・?
どうもこの時期は大井川鐡道でトーマスになった機関車が走ってるとか。←動画も上がってたよん
残念ながら俺がついた時点では後の祭りって感じで出くわさなかった残念。
この後は比較的よく通る道なので、テキトーにコンビニ休憩挟んで、天竜を目指す。
川根の町で休憩した時点でおよそ16時。
天竜に抜けたころには17時。
そして・・・

ポツ・・・ポツ・・・



最後の最後で雨降ってきちゃった (´Д`)
でも、今回はまたしても河童なし(ぉぃ
でも小雨だったので家に着くころに服がしっとりしめる程度で済んだからせーふ。
到着は19時手前。
走行距離は2日合わせて750㎞。走行時間は初日7時間。2日目12時間半の19時間半。平均速度は38.5㎞/h。
速足気味だけどどことなく足をとられてた感。

なんとも言えない旅だったなぁ。
やはり一度行ったところは別のスパイスを見つけないとアカンね。

それではこれで



◆東西へ
今回の旅で阿部峠を越えることに失敗したわけだけど。
ホントこの周辺は東西へ抜ける道が全くない。
阿部峠を抜けるr808ルート以外を探すと・・・

※いずれもマップル参照。行けるかどうかはわかんない

・r810ルート
 山梨r37から抜けるルート
 出口は畑第二ダム(一般車通行不可)か富士見峠の近くらしい

・r37ルート
 ↑のルートでそれずにずっとr37を北上長野の伊那市(分杭峠北部らへん)に出る道があるっぽい


↑と思ったら一般車通行不可だって(´・ω・)
つまりほぼこの辺りは手詰まり。
他を探すと長野の茅野市まで北上する必要があるから俺的には相当厳しい。

東へ行くのってある意味大変

ではでは
スポンサーサイト
  1. 2016/06/14(火) 00:47:00|
  2. 二輪旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<たびにっき(高遠そば編) | ホーム | たびにっき(しいたけアイス編)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://niku294.blog62.fc2.com/tb.php/1457-39ddafd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

~おにく~

Author:~おにく~
相棒はカメックス 
嫁はメガニウム 
参謀にキリキザン
非常食のマンムー 
頭を使わず勘だけで突き進むアバウトでメタボなトレーナー
モットーはすべてのポケに可能性を見出す





DSのFC
 2967-4760-4273(B2・今のメインロム)
 
 
バトレボのFC
 5026-7510-3678


★次は50029hitでどうなるやら




☆初めての方への簡単な紹介☆
簡単なブログ紹介




☆対戦会や配布の時のチャットルーム☆
チャットルーム(飯店特設ステージ)
 

☆滅多に使わないけど他自由になんでも☆
掲示板

☆動画なんかも上げてます☆
動画置き場
☆時々配信やってます☆
 ニコ生のコミュ


 ユーストリーム

☆時々ぼやいてます☆
ツイッター(oniku86)





最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

このブログについて (2)
育成録 (128)
動画 (130)
日記 (851)
カメックス (27)
未分類 (30)
配布 (14)
企画 (59)
予定表 (9)
定期大会 (12)
過去大会記録 (1)
シレン (3)
対戦録 (123)
二輪旅 (43)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード