FC2ブログ

カメ道楽

47都道府県のゼニガメ系集めたった!!!

たびにっき(リンゴパン編)

こんばんわ

超久しぶりの更新です。
例によってのバイク旅の模様です。


今回は前回の記事と同じく長野に行ってきました。
目的は・・・2000m級の峠を制覇しろ!です


めずらしくバイク乗りっぽ・・・くないなこれ登山者っぽいノリだわ
まぁいいやええと実は過去に・・・

おんたけ2240    2240m
富士山五合目     2305m
富士宮口        2400m
大弛峠         2360m
麦草峠         2120m
渋峠 (志賀草津道路)2172m

とバンちゃんと制覇してきたんですが、日本にはまだ2000m越えの道があるんですねぇ!
というわけで今回はそんな峠を二つほど見つけたので走りに行ってまいりました。


・湯の丸林道

まず初日は浅間山の西にある湯の丸林道を目指します。
出発は朝の6時半前くらい。ホントは5時に起きてすぐ出発しようとしたんだけど、久々なのもあって色々まごついてるうちにこんな時間。
とりあえず三ケ日から高速に乗ってそのまま新東名で東京方面へ。
浜松のSAで味噌カツどんで軽く朝食を済ませとにかく東進。
そのあと清水のあたりで中部縦貫道(だったけ?)に乗り換えて山梨方面へ。
ここに来るまでに何度も天気模様がぐずってたのでカッパに着替えるべく南部の道の駅へ・・・雨やんだ・・・
結局便所休憩だけしてカッパは着ることなくR52で北上。
しばらく北上して南アルプス市の手前くらいで突然東進。
その後道順をチラチラ確認しながら到着したのはシルクの里公園。
そうゼニガメの巣!・・・まぁ一周5匹の大した事ない巣でした残念。
寄り道で時間が何とも言えないことになったけどR52に戻って再び北上。
途中からR141に乗り換えて佐久の方を目指して北上。
道中きよさとの道の駅でベーコンとウインナーがドカンと乗ったヘルシーは昼食たいらげて足早に北上再開。
以降の道中はこれといったこともなく14時半くらいに目的の湯の丸林道の入り口がある小諸市に到着。

湯の丸林道へは国道から北の方へ入りチェリーパークラインを登って車坂峠へ。
そこからわき道に逸れるて未舗装の道を進んで到達する高峰温泉の駐車場の向こう側が入り口。
ちなみに未舗装路はまだ続きます♡
ひっそりと最近未舗装路へ足を延ばした肉にとってはこの苦行もちょっとうれしい誤算。
まぁ油断すると崖下に真っ逆さまな場所ではあるので慎重も慎重にゆっくり前進。
途中落石注意の看板を何度か見かけたんだけど果てしなくどう注意すればいいのかわからない(上から来るぞ気をつけろと?)
そんな感じで大体4㎞ほどの道のりを30分ちょっとかけて走破!
第一の目標達成です!
・・・あー肝心の2000m越えなんだけど入り口の温泉がちょうど2000mだよ!って看板があったんだけどそれ以降はこれといった表示はなし。
林道を通り抜けた先の湿地も興味はあったんだけど今回の目的で来るならルートは逆の方が達成感があったと思われる。

その後は宿をとってある小諸市街に移動してテキトーにポケGOやって飯食って就寝。

ちなみに余談なんだけど今回のルート実は制限時間付きでして、湯の丸林道の4㎞は17:00までに抜けなくちゃいけなくて、めずらしくグーグルマップ先生使って所要時間を確認したんだけど、どう目的地を設定しても湯の丸林道を避けたルートになる始末。
さしもの先生も未舗装路は守備範囲外だった様子。


・大河原峠

二つ目の目的地は大河原峠しかし初日の夜に一つ問題が浮上

通行止めなうなのである。
まぁ運よく(?)佐久市側から峠までは行けるみたいなんですが、反対側の立科町へは行けないとのこと。
できれば引き返すルートはとりたくないし峠そのものの走破を考えると半端な結果となりそう。
ただまぁ災害の復旧工事だしいつ終わるか(調べた時点では)わからないからとりあえず峠までは行くということで妥協。
そんなわけで朝6時の出発ですよ。

まずは小諸から県道を使って南東へ。
そのあと佐久平の道の駅で便所休憩とルート確認。
再出発後蓼科スカイラインに入って山登り開始。
前日のチェリーパークライン~湯の丸林道のことを考えると非常に整備された走りやすい道。
行き先が通行止めということもあって後続車もほぼなくとても快適である路1面を覆う落木に出くわすまでは
いやーバンちゃんじゃなかったら割とヤバかったんじゃねーかと。
丁度登りで少し気づくのに遅れ、視界入った時にはとても避けられる範囲ではなく・・・「まじかよ!」って思わず声が出ましたね。
まぁバンちゃん自慢のワイドなタイヤのおかげかフツーに乗り越えられたんだけど。
とりあえず一度戻って後続に不幸が訪れないように全部道のわきに避けて再スタート。
その後は謎の巨大建造物(電波塔?)があった以外はこれといったこともなく頂上に到達。
大河原峠2093m到達!
ってことで二つ目の目的達成。
帰路はテキトー流します。


・無事帰る
ってことで目的を果たして下界に降りた後はR142~R152と乗り継いで茅野を目指す。道
途中立科の道の駅でおやつ代わりにリンゴパンとアップルパイをmgmg。
この時点で西の空がどす黒くなんかゴロゴロ聞こえてたから予想はしてたんだけど途中白樺湖のあたりでしこたま雨に降られてげんなり。
ホントはR152で浜松まで下るつもりだったんだけど、天候やら時間やらの理由でルート変更。
今回はR151で無難に帰ることに。
寄り道は駒ケ根のすずらん公園がカメの巣だったので少し立ち寄り、いつもの蕎麦の城で昼めし食って帰還。


ルート変更については多分正解だったんじゃないかなぁ大鹿村の方面も駒ケ岳もめっちゃ雨雲ひっかかってたし。

とりあえず本編はここまで

それではこれで

↓3度目の残念な報告↓
続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2020/09/13(日) 22:42:52|
  2. 二輪旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

たびにっき(近大マグロ編)7~8日目

こんばんわ

そんなわけでこの冬の旅日記最終回です。



・走れるだけよっぽど良い
龍神温泉で朝風呂を決めて、少し遅めの朝飯を済ませてスタート。
なんというか時間に余裕があるって素晴らしいね。
まぁもともと2日で終わる日程を3日に引き伸ばしてるのが要因なんですが。

この日はまずR42への合流を目指します。
そんなわけで午前中のまだ寒い山道をえっちらおっちら。
それでも雪には縁がなさそうなので若干凍結に気を付ける程度済むのはありがたい(熊本ですら雪あったかんね・・・)
日がだいぶ高くなってきたところでR42に合流。
本州の南端付近だけあって日差しがあればかなり暖かい。
ここからは慣れてるR42でまったり南端目指します。

・タイトル回収
R42で2時間ほど走って到着は串本町。
過去に2回ほど訪れてる町ですやね。
で、そこからもうちょっと南に行った潮岬観光センターここでお昼です。

注文は近代マグロ丼(的な名称だったと思う)。
完全養殖っていう結構珍しいマグロ(マグロは生態的に養殖そのものが結構難しいとか)
肉厚なマグロの切り身、みそ汁に小鉢もついてる これと同じ値段な観光地飯がごみに見えるな
あっという間にペロリ。なんとなく肉質は柔らかいような?
実は朝もビュッフェだったのでお腹はあまり減ってなかったんですが・・・まぁ誤差ですね

ついでにミカンソフトキメつつ南端を散策。
ポケゴ的には海ソース。ツイッターにうpするネタ的には南端が三か所もある(ぇ

それじゃ次行きましょか。


・時間に余裕がある
最南端を出てすぐにまた橋杭岩の道の駅へ・・・なんか後ろにライダー集団いて居心地が悪かったので緊急避難な小心者。
こんどはキンカンソフト(致命的なネタ被り)キメて再びスタート。

ここからはとりあえず宿を目指す感じ。
道の駅でちまちま休憩しつつのんびりした道程。
やはりR42はバンちゃんや俺にちょうど合う道。
てな感じで三重県突入。
突入したところで急に右折。
【鬼ヶ城→】

この辺何度も通ってるんだけど毎回気になってた場所。
それなりに時間の余裕があったので今回は寄り道。

この鬼ヶ城は自然の力で削られた奇岩。
で、その縁を通ることができるんだけど、細いし上下するし稀に迷うしで東側の入り口から少し入ったところで今回は断念。
一応ポケゴのジムやストップは道沿いにあるんだけど、スマホも体も落ちる危険性を考えたらモンプラポチるぐらいにしといたほうがよろしいかと。
このあたりに来るまでに体が冷えたので売店でお汁粉頼んで温めなおして再スタートですだ。


・でんせつのはじまり
鬼ヶ城から出てしばし走ってたどり着いたのは尾鷲市。
今日の宿はここ。
尾鷲市はあのR425の東端の町。数年前に挑戦したのが懐かしいぜ(一部通行不能だったけど)。
まぁそんなことを考えつつ散策と晩飯探し。
晩飯はちょうど来るときに目星をつけてたところがあったのでそちらへ。
途中☆5レイドが・・・誰もいないかと思いきや数人いたのでこっそり侵入。そこそこのビリジオンをありがとう!
で、晩飯は国道沿いの回転ずし。100円じゃないやつ。
結構家族待ちがいたけど、ボッチだったので空いてたカウンター席にすぐ通してもらえた。
見立て通り悪くない感じのお寿司屋さんでした♪

宿に帰りながらポケゴしようと思ったけどあまりにもストップ事情が芳しくないのでこの日は少しだけ歩いて宿でswitchにスイッチ()
以上まったりした7日目でした。

・不漁
尾鷲を8時過ぎくらいにスタート。
そのまま北上して道の駅紀伊長島マンボウへ(そういえば2月にとうとうママンボウ追加されるみたいやね)
久々にマンボウが食べたいな!と思ったけど不漁で取り扱ってないらしい・・・無念。
でもウツボの開きを見つけたので今回はこれをチョイス。


・最後の贅沢
マンボウからはR42を離れて志摩の方へ道を行く。
おなじみ(?)のパールロードです。
フツーにR42でもよかったんだけど、伊勢以降は人が多いのでこちらを選択です。
そんな感じでお昼ごろに鳥羽市へ突入。
あとはフェリーに乗って帰る・・・だけじゃないんですね!
急に左折して入ったのは年末に伊勢海老カレーを食べたお店。
そう、あえて鳥羽に東側から入ったのはここへ寄るためだったんですな!
というわけで最後においしいもの食べますよ♪

肉「それじゃこのよくばり定食(?)を」
店「今なら+1500円で伊勢海老のおつくりが付いてきますよ♪」
肉「(ここまで豪遊続きやったし流石にアカンやろ)」
肉「よし・・・それお願いします!(ぉぃ」
店「かしこまり!」


だってお正月限定っていうんだもの・・・それにほらマンボウ食えなかったし・・・
というわけで旅の最後の豪遊です。
決して安いとは言えないけど、たぶん値段以上のものだったと思います。

出てきたそばからがっついてあっという間に完食(ごはんのお代わりも)

そんな感じでフェリーへ。

フェリーは慣れたものでちょうどいい時間についてちょうどいい時間に乗れた感じ。
あとは伊良湖から豊橋まで帰って旅は終了!




なんというかほんとのんびりした旅でした。
ポケゴもがっつりやるならこれくらいがちょうどいいのかな。
一応参考までに2日目の有馬温泉から帰った翌朝までの週間リワードがちょうど100㎞でした。

ちなみにそれでだいぶ満足したのかバンちゃんに乗ったのはちょうどこの記事を書いてる日だったり。
で、その今日のバンちゃんとの道程が少し楽しかったので気が向いたら来週中にでも記事にしようかと思います。

それではこれで

  1. 2020/02/02(日) 22:59:19|
  2. 二輪旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

たびにっき(近大マグロ編)5・6日目

こんばんわ

過去二つの記事近大の文字間違ってましたねハズカシー

とりま続き綴ります。

・通るだけ

実は今回の四国これといった目的がなかったりします。
いや、ほんとはあったんだ・・・剣山スーパー林道を走破するって目的が・・・冬季閉鎖・・・で旅立つ数日前に知ることになって予定がなくなってアレ。

というわけで唯一かつじつは最大の目的がつぶれたので四国はやることがなくなったので通過するだけになりました。
ついでに林道込みで2日は滞在するつもりだったので日程も1日余りそうな状況だったりします。
・・・まぁそこについては運任せですが策があるのでそれに賭けてみようかと。

というわけでとりあえず徳島目指して東へ向かいます。


・あわわわ
R11~R192と伝って無難に東進。
昼を過ぎたあたりで道の駅へ寄ってランチタイム。
阿波尾鶏のから揚げ定食。阿波尾鳥自体は何度か食べてたりするあれ。

そしてここで運ゲ発動

・・・ダメ
・・・ダメ
・・・イイ!?

やってたのは翌日の宿の確保。
高くついたけど・・・そのうち言ってみたいと思ってたからヨシ!
どこになったかは明日のお楽しみということで。



・ガバ初め
無事宿もとれたので気分よく徳島市内に突入。
そのまま痛いあのフェリーに向かいます。

肉「大人1人とバイク・・・排気量は200CCです」
肉「次の便は15:40でしたっけ?」
船「いや、16:30だよ」
肉「ぇ!、・・・あはい」

隠しきれない動揺・・・・!
はい、時刻表読み間違えてました。
まぁ宿自体は和歌山市内にとってあるのでそこまで影響はないんですが・・・時間をどう潰そうか。

とりま近くに見えたイオンへ・・・レアソースっぽくて悪くない。
そのあと30分くらい港を歩いてお土産屋さんへ・・・BBQなんかもできるみたいだけどお店としては無難なところかね。
そんな感じですぐに時間・・・まぁ相当歩いたんですが。

そのあとはフェリーでしばし休憩。


・一点集中
そんな感じで18:30に和歌山港着。
すっかり真っ暗です。
夜は走りたくない(寒い・視界悪い・事故ったのは全部暗闇)んですが、まぁ少しだけなので我慢しましょう。
で、15分ほどで宿に到着。
ボケっとしてると動けなくなるのでチャチャっと着替えて晩飯探し。
と言っても待ち時間に無駄に動いたのでこの日は駅中のラメーンで簡単に済まします。
で、この和歌山駅調査時点で6ストップ+2ジムの8点同時ポイントとかいうとんでもな場所があったり(スポンサーが半数以上なので変動する可能性高し)。
まぁでもぶっちゃけそれだけです。ほかの場所は県庁所在地にしてはいまいち密度薄目な感じでした。

そんな感じで散策は早めに切り上げてこの日は就寝。



・かんこうち

というわけで6日目です。
まずは前日散策ができてなかったので、和歌山城まで歩いて周辺散策です。
和歌山城は市街地に比べて一見ストップ多めでよさげなポイントですが、起伏や立ち入りできる場所の都合でいまいち効率が上がらない印象でした。

宿に戻って朝飯食ったところでこの日はスタートです。
まずは市街地を南進。
しばらく進むと看板が見えてくるのでそれに従って進む。
着いたのは和歌山マリーナシティ。
ヨーロッパな雰囲気の遊園地やら黒潮市場なる海鮮系のお店が並ぶところですね。
まぁポケゴしつつついでに海鮮もという算段です。

ポケゴの方はもともとレアポケ地帯と言われてるだけあってなかなか。
飯の方は入った店が悪かったのか、コンビニ豪遊した方が幾分かましなレベル。

・・・飯でテンション落ちたけど次いこかー

・冬山
マリーナシティを出てしばらく南進。
どんどん南進。
やはりR42は良い・・・なんて思ってたところで由良町に到達。
ここからも少し南下したところから山道に入ります。
まぁ本州でも南側、それに過去にはこの時期にもっと山深いところ入ってひどい目見てますからね
r26~R424~R425なんかを経由して着きました龍神温泉!
前日の運ゲは温泉宿チャレンジでした。
いやーなかなか高かったけど、まぁぼちぼち旅の疲れも出てきたところだしねー(ぇ

まぁ高い宿代は高い。
しかし飯はビュッフェ。
種類豊富でいろいろ楽しめるんだけど個人的一押しはシシ汁。
良い猪は正直下手な豚肉より美味ってのが個人的見解。今回はそれに当たれた模様。
お風呂の方も日本三大美人の湯だとか(珍しく朝風呂まで決める)

・・・のんびりできたってことくらいしか書けることがないorz

あ、ポケゴの方は山の中ということで散策は徒歩10分少々の道の駅までしか行ってねーです。
まぁつり橋くらいはあったよ?




以上6日目でした。

翌日からは本州最南端へ久々に向かいます。

・・・やっとタイトル回収できる


それではこれで





  1. 2020/02/01(土) 20:56:21|
  2. 二輪旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

たびにっき(近代マグロ編) 1~2日目

こん・・・あいや あけましておめでとうございますですかね

久々のバイク旅日記です。
正月休みにとりあえず西の方へと無計画な旅をしてまいりました。

なんとこの冬の休みは8日間。
過去最長の旅と相成りました。


・慣れてるとこは飛ばしつつ
スタートは7時半過ぎ。1時間近く豊橋公園で遊んでからのスタートです。
とりあえず定番のR23ルート。
最近は名古屋市内以降の信号待ちが鬱陶しいので豊明のあたりからは高速です。
ついでに豊橋公園で時間を使いすぎたので三重に入ってからももう少し高速移動。

というわけでR421に到達。
こちらもよく使う奥永源寺なルートです。
・・・が、今日は少し道を逸れる。
4㎞超のトンネルを抜けてすぐのところを右折。
そしてすぐに見えるこの先通り抜け不可の看板。
しかし気にせず突っ込んで20分。
ついたのは石榑峠。
トンネルができる前はメイン道路だったそうな。
酷道趣向者には愛されてる場所見たいですやね。
しかし通り抜けはもうできないので元の場所までまた戻ります。


・ねんまつ
というわけでR421に復帰して奥永源寺の道の駅に到着。
ちょうどお昼頃だったのでここでお昼を済ませ・・・
1月4日までお休みです 

がっでむ!

仕方ないので補給なしで西へ。
と、割とすぐのところの定食屋さんが・・・やってる!
というわけで迷わずと突撃。
岩魚の定食をmgmgm。
また西へ。


・有名だけど有名じゃない聖地
山を下りてからしばらく西へ。
そのあとは南へ。
橋は渡らずに琵琶湖の南側へ。
と言ったところで少し道を逸れて見えてくるのが瀬田の唐橋。
日本三名橋の一つですやね。
ついでに別チャン読者の肉としては最近始まったとある漫画の聖地にも・・・まぁいいか。


・いつものアレ
唐橋を抜けて国道に復帰してそのあと大津市を北上。
そしてついたのが皇子山総合運動公園。
ええはいカメの巣です。
というわけで早速散策開始
・・・
・・・
・・・
びみょい!

公園の規模はまぁまぁ大きいんだけど、ストップ少ない→ソース少ないため1周5匹前後の収穫。
かなりじっくりやりこまないと稼ぎには厳しいのである程度で見切りをつける。
・・・厳しいのはわかってたけど色カメ(滋賀産5敗目)手に入らないなぁ。

そんな感じで16時。ぼちぼち宿を目指します。


・京

というわけで付きました今日のお宿。
大津京の駅からすぐのビジホ。実は早く着きすぎてカメの巣で時間つぶしてたんですね。
宿についてからは駅近辺の散策。
・・・と思ったら先ほどのカメの巣に黒卵発見。
ダメもとで行ってみたらかろうじて成立・・・ビリジオン98%個体ゲット!(←そのまま採用と相成りました)
そのまま近くのイオンで晩飯買って1日目の行動終了です。
この大津京周辺は市役所近辺が比較的ストップ多め。
とあるお寺や美術館らへんがよさげだったんだけど入れなかったので今回は断念(有料施設の時点で日常利用は難しいだろうけど)
さてさて、初日の走行距離は驚きの250㎞程。
去年の半日分ですね^^




さてさて1日目が終わったところでこの冬の旅のざっくりとしてルールでも。
実は去年の冬旅がかなりハードだったこと、それと最近バイク旅後の疲労がかなりきついということで・・・
1.無理をしない!(1日の走行距離は200㎞を目安に!)
2.無理をしない!(なるべく日が高い時間にしか走らない!)

ガチガチのルールではないですが1日500㎞走ったりとか、日の出前に出発は体にこたえるのでこの冬はなるべく封印です。
そう・・・なるべくね




続いて2日目です



・無理をしない!!!
おはようさんです。
いやー前日はそれほど走ってないので体力は万全!
持ってきてたswitchにもしっかり出番あげられた!
それじゃ2日目も元気よくいきましょうか!



ポツ・・・ポツ・・・バシャーバシャー

ハイ雨です!大将もう一泊!!!おつかれさんでしたー!!!




とはいきませんねハイ
まぁ旅のスタート前からこの日は雨の予報だったのでいろいろ策は考えてました。
とりあえずカッパ着てスタートです。


・ビショビショになる前に突き抜ければええんや

スタート前のチェック。電子機器類の防水(ビニール袋万歳)財布の防水(ビニール袋万歳)ヨシ!
そんな感じでスタートしてすぐに高速です。
そう市街地をえっちらおっちら走ってたらあっという間にずぶぬれ(カッパでも防ぎきれない部分は多い&そこから浸水)
というわけでなるべく早く移動して少しでもダメージを減らす作戦です。
力技とか言うな!こちとら排気量200CC(一般的な二輪車では最下位近辺)なんだから!!!

というわけで大津のインターからイン→新名神なんかを経由して西宮山口インターでアウト。
そのまま看板を参照しつつえっちらおっちら。

・・・
・・・
・・・
はいついた!
今日はここが俺の宿!





・バイク旅で観光できる日が来るとは
肉「もしもし予約してた肉です。・・・ついちゃいましたw」
主人「はえーよデブ。まだ9時だぞ」

というわけで過去最速のチェックインです・・・まぁ部屋に入れるのは15時過ぎですが。
それでも靴下までズブズブになる前に着けたので作戦は成功です。
とりあえず宿にバイクと荷物を預けてこの日は1日観光です。

一応宿の主人には前日予約を取る時点で早めの到着と荷物の預かりはお願いしてたからね、作戦勝ちだよね。
というかそんな奴を気前よく観光しやすい場所まで送迎してくれる上に傘まで貸してもらって・・・感謝しかないですよ!


そんな感じで宿の主人が送迎してくれたのはここ 有馬温泉!
日本三名泉の一つですやね。雨の中げんなり走るよりも多少お金使ってでも観光した方がきっといいはず!
ちなみにこの日の走行距離は80㎞ほど。多分泊りでは過去最低じゃないかしら。

さぁそれじゃ元気よく有馬温泉を散策!記念の写真を撮・・・スマホがねぇ!!!

慌てるな肉・・・そもそも宿の主人とのやり取りは電話・・・どこにおいて・・・あ、河童・・・
とりあえず宿まで戻ることに・・・戻ったところで宿の主人と鉢合わせ、理由を話して苦笑い。
そんなわけでカッパからスマホを取り出し気を取り直して散策スタート。

とかく時間はあるので可能な限り散策。
ざっくりと駅からロープウェイ乗り場の範囲を移動。

観光したところは・・・
 亀の尾滝→なんか目についたので うちの相棒の幸福祈願
 生炭酸煎餅→賞味期限驚異の5秒。期限切れ後はフツーの炭酸煎餅
 温泉饅頭→歩くためのエネルギー
 サカキ様→ぼちぼち期限切れのロケット団タスクをクリア。結構いい感じのサンダーげっと
 飲める炭酸泉→控えめに言って不味い
 
そんなこんなでぼちぼちお昼。
ついでに予報通り雨風が強くなってきたので室内に避難したいところ・・・で、見つけたのがかんぽの宿。
お風呂とご飯(ちょっといいやつ)のセットで2500円!・・・安くはないが観光地料金としてはわるくない・・かな?
まぁ避難優先でそちらにGO。
ちなみにこちらは金の湯(濁ってる方)。


さてさて、飯を食って外に出たら雨はやんでる感じ。
まだチェックインまでは時間があったのでストップの多いあたりで食べ歩きしつつ玉集め。
最後にローソンで飲み物買って時間と同時にチェックイン。

・・・ない
・・・傘がない

・・・・・・・・・・・・ローソンだ

そんな感じで休憩後晩飯探しつつ傘も回収。
なんか抜けてる1日でした。


それでもがっつり観光できたのはバイク旅始まって以来初めてじゃないかな。
とりあえずこの先はこの先の記事でということで

それでは今年もよろしくお願いしますってことで































  1. 2020/01/13(月) 22:05:11|
  2. 二輪旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

たびにっき(宿場そば編)

こんばんわ

さてさて今年の梅雨は長い長い。
でも気合いでどーにか行ってきましたよって。

時期は少しずれるけど7月最初の土日で小田原へ。




・げんなりスタート
スタートは昼。
うん半日仕事だったのよ(´・ω・)
とりあえずさっさと東へ。

スタート時点はどうにかもってるけど微妙な天気模様。
なんせ数日前からコロコロ予報が変わる状況。

スタートしばらくはR1のバイパス。
ひとまず清水までは下道で、そこからは東名に乗って高速移動。

まぁそんなこんなで小田原に着きましたですよ。
ところで下道なら箱根を越えればすぐ小田原なんだけど、高速だと一度秦野のあたりにおりてから南下するので思ったより走らされる罠。
・・まぁどっちが早いかはよくわからんが。

小田原に来た目的は・・・まぁ特になし。
ホントはT君と久々に走りに行こうぜ!ってノリだったんだけど、天気がアレなのでT君は断念。
俺は一カ月以上泊まりで走りに行けてないのでそちらが優先。


しかし宿について間もなく雨がしとしと
まぁ散策できないほどじゃなかったのでテキトーに歩き回りつつ晩飯探し。
小田原は駅回りが中々のストップ地帯。それと少し歩けば小田原城址もある・・・がこちらは有力なポケの巣でなければ無理に行く必要はなさげな感じ。
で、おおよそ散策が終わったらところで晩飯を・・・
幸い手近なところに空いてる蕎麦屋があったのでそこへ。
ぶっちゃけここまで何しに来たのかなーと思いつつ、メニューを物色。
で、すぐに目に留まったのが「宿場そば」
小田原は東海道で9番目の宿場町。
そこにちなんで近辺の名物(?)なんかをつかった割子そばが親しまれてきたんだとか。
さてさて話が逸れますが、カメックスは全国図鑑№9、そして俺のコミュニティは今年で9周年。
しかも丁度コミュ9周年の日(7月6日)に偶然小田原を訪れたわけですよ。
そんなわけで迷わず注文。
まぁ記念にはなったかしら。

あ、コミュ9周年記念の大会開くんでよろしく!(ぇ

それじゃ二日目です。



二日目は小田原を出て
①宮ヶ瀬ダム
②道志みち
③少し気張って身延山

をメインに楽しく走ろう!



・・・と思ったら最初の目的地の前から大雨だよバーカバーカ




はい、ダメでした。
二日目は正直ダメダメでした。
結局道志みちを走り終わった時点で御殿場へ脱出。
そのまま高速でとっとと帰って旅は終わり。


・・・何しに行ったんだろうね。


まぁ9年、順調なだけではありませんでしたってことで。

それではこれで








  1. 2019/07/19(金) 22:41:07|
  2. 二輪旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

~おにく~

Author:~おにく~
相棒はカメックス 
嫁はメガニウム 
参謀にキリキザン
非常食のマンムー 
頭を使わず勘だけで突き進むアバウトでメタボなトレーナー
モットーはすべてのポケに可能性を見出す





DSのFC
 2967-4760-4273(B2・今のメインロム)
 
 
バトレボのFC
 5026-7510-3678


★次は50029hitでどうなるやら




☆初めての方への簡単な紹介☆
簡単なブログ紹介




☆対戦会や配布の時のチャットルーム☆
チャットルーム(飯店特設ステージ)
 

☆滅多に使わないけど他自由になんでも☆
掲示板

☆動画なんかも上げてます☆
動画置き場
☆時々配信やってます☆
 ニコ生のコミュ


 ユーストリーム

☆時々ぼやいてます☆
ツイッター(oniku86)





最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

このブログについて (2)
育成録 (128)
動画 (131)
日記 (868)
カメックス (32)
未分類 (40)
配布 (14)
企画 (68)
予定表 (9)
定期大会 (12)
過去大会記録 (1)
シレン (3)
対戦録 (123)
二輪旅 (84)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード